識学のnote | マネジメントを学べるサイト

【識学公式note始めました!】マネジメントコンサルティングの識学のnoteです。3,000社以上にご導入いただいている「識学」の理論を分かりやすく発信しています。

識学のnote | マネジメントを学べるサイト

【識学公式note始めました!】マネジメントコンサルティングの識学のnoteです。3,000社以上にご導入いただいている「識学」の理論を分かりやすく発信しています。

    マガジン

    リンク

    記事一覧

    会社の利益に、どう貢献出来ているか答えられますか?

    利益の思考法前回のnoteでは人間は利益を感じる方向へ動くことを述べてきました。 今回のnoteでは、なぜ人間は組織として行動していくのか、組織として必要とされるリーダ…

    人はだれしも、「○○」がある方向へ行動します。

    利益の思考法 「ついていきたい」と思われたい。その感情こそが、諸悪の根源です。人は、「メリットを感じたときに」利益についていくものです。 「いい人なんだけど、こ…

    これさえ読めば、リーダーの仮面をマスター! 実践編②:正しいほうれんそう

    前回の2記事では、部下に「位置」を確認させるための、ほうれんそうのメリットをお伝えしてきました。 それでは具体的に、どんな場面でやるのかを説明しましょう。 実践…

    会社は学校ではありません。目指すものは…

    「これパワハラ?」問題を乗り越えるこれまでのnoteで「ルール設定」「ほうれんそう」の方法を紹介しました。 それでも心理的なハードルがある人がいるでしょう。 その背…

    コロナによって空いた距離感は、あえてそのままに。

    リモートによって「あいた距離」を維持しよう新型コロナウイルス感染拡大に伴い、リモートワークが普及し、リーダーとメンバーは強制的に距離をとることが増えました。 無…

    日常の「ほうれんそう」を見直す

    ストレスのない「正しいほうれんそう」をしているか「位置」の概念は、気づくと忘れてしまいがちなため、日常的に上司と部下の「位置」を部下に認識させる方法をご紹介して…

    会社の利益に、どう貢献出来ているか答えられますか?

    会社の利益に、どう貢献出来ているか答えられますか?

    利益の思考法前回のnoteでは人間は利益を感じる方向へ動くことを述べてきました。

    今回のnoteでは、なぜ人間は組織として行動していくのか、組織として必要とされるリーダーはどんな思考が必要であるのかを紐解いていきます。

    大きなマンモスを山分けしよう

    そもそも人間が集団をつくる理由は何だと思いますか?

    それは、集団で物事をなりたほうが、得られる成果が大きくなるからです。
    いつの間にか、終身雇

    もっとみる
    人はだれしも、「○○」がある方向へ行動します。

    人はだれしも、「○○」がある方向へ行動します。

    利益の思考法
    「ついていきたい」と思われたい。その感情こそが、諸悪の根源です。人は、「メリットを感じたときに」利益についていくものです。

    「いい人なんだけど、この人についていっても成長できなさそうだな…」

    そう思われてしまうと、途端に部下たちは離れていきます。

    あなたの周りの上司にも、いい人だけど…そんな上司がいるのではないでしょうか。

    リーダーがすべきことは、部下達を「組織の利益」に向か

    もっとみる
    これさえ読めば、リーダーの仮面をマスター! 実践編②:正しいほうれんそう

    これさえ読めば、リーダーの仮面をマスター! 実践編②:正しいほうれんそう

    前回の2記事では、部下に「位置」を確認させるための、ほうれんそうのメリットをお伝えしてきました。

    それでは具体的に、どんな場面でやるのかを説明しましょう。

    実践1

    たとえば、次のような仕事を任せるケースを考えましょう。
    ・部下に得意先を1日3件、回ってほしい

    さて、どのように仕事を任せればいいでしょうか。ます、「お願い」にならないように気を付けるのがポイントでした。

    ✖「もし行けたらで構

    もっとみる
    会社は学校ではありません。目指すものは…

    会社は学校ではありません。目指すものは…

    「これパワハラ?」問題を乗り越えるこれまでのnoteで「ルール設定」「ほうれんそう」の方法を紹介しました。

    それでも心理的なハードルがある人がいるでしょう。

    その背景には「パワハラ問題」が潜んでいるはずです。

    「ちょっとでもきつく言ったら、パワハラになるのではないか?」
    「部下に気を遣わない上司は、パワハラ上司かもしれない…」

    そんな心配をしている人がたくさんいるでしょう。もちろん高圧的な

    もっとみる
    コロナによって空いた距離感は、あえてそのままに。

    コロナによって空いた距離感は、あえてそのままに。

    リモートによって「あいた距離」を維持しよう新型コロナウイルス感染拡大に伴い、リモートワークが普及し、リーダーとメンバーは強制的に距離をとることが増えました。

    無駄な会議が減ったり、モチベーションの管理をしなくなったり、飲み会が減ったりなど、さまざまなメリットが生まれました。それにより識学の力が発揮されました。

    「リーダーの仮面」の本質は、上司と部下が適度な距離を保ち、感情が生まれないようにする

    もっとみる
    日常の「ほうれんそう」を見直す

    日常の「ほうれんそう」を見直す

    ストレスのない「正しいほうれんそう」をしているか「位置」の概念は、気づくと忘れてしまいがちなため、日常的に上司と部下の「位置」を部下に認識させる方法をご紹介していきます。

    それは、「ほうれんそうによる管理」です。

    ほうれんそうとは、報告・連絡・相談です。ここでは、報告と連絡について見ていきます。

    昨今の流行では、ほうれんそうは不要で「部下たちが自主的に行動すること」がもてはやされています。

    もっとみる