マガジンのカバー画像

識学導入事例

3
識学の組織コンサルティングをご導入いただいたお客様の声です。
運営しているクリエイター

記事一覧

「ルール」と「目標」を見直し1700万円の経費を削減した話。

建築工事の総合プロデュースを行うヴァルテックス株式会社。「ハイクオリティ&ローコスト」をコンセプトに、数多くの注文住宅やアパートなどを手がけている。 同社は2010年の設立から目覚ましい成長を続けるも、2016年に業績が突然ダウン。代表取締役の金髙健一郎氏はその原因がわからず、解決法を模索していた。 その後、識学の理論を知り、2019年に識学を導入。多岐にわたる社内ルールを制定・運用した結果、社員の意識が変わり、業績も回復したという。識学を活用して、どのように組織を変えた

スキ
5

組織を強くするためにあえて”現場から離れる”ことを決意。

東京・芝浦に、100席規模の『BAGUS BAR』と30席規模の『Seed』という飲食店2店舗、およびフラダンス/タヒチアンダンス関連の衣装・雑貨ショップ『Rulu Tiare』を展開している、株式会社NIRAI。 2019年12月に『Seed』をオープンさせた直後、新型コロナウイルス感染拡大が起こり、営業に大きな制約が課された。今後の業容拡大を目論んでいた中、この事態を乗り越えていくためにも組織を強くしていきたいとコンサルティングを探し、識学と出合う。 識学シニア講師で

スキ
4

成長のカギは、共通言語・役割分担・評価制度。

独立系アドバイザリーファームのガーディアン・アドバイザーズ株式会社。東京とシンガポールに拠点を置き、M&AやDXに関するアドバイザリーサービスを提供している。 そんな同社を率いるのは、大手証券会社や米投資銀行などで活躍してきた佐藤創氏。同氏は属人的な組織運営に課題を感じ、2019年に識学を導入。 各メンバーの役割や責任範囲などを明確化し、評価制度と進捗管理の仕組みを整備した。その結果、マネジメントのスタイルが確立し、業績も軌道に乗ったという。なぜ、識学によって経営力が向上

スキ
7